その他の重機の特徴

常に需要が高い重機・ダンプ

重機には様々な種類があり、現場では、ユンボやクレーンなどの定番機械以外も多数の特殊重機が活躍しています。
ここでは、ニッチなその他の重機について解説していますが、重機の種類は本当に幅広く、どこまでが重機のカテゴリーに分類されるかといった問題も出てきます。
(※手押しで使うちょっとした機械も重機や建設機械と分類される事もあれば、大型トラックや特殊車両なども重機として分類される事もあります。)

重機の目的は、建設現場などで人の手では出来ない作業をこなす、もしくは機械を使う事で効率化を図るためのものです。
大きな現場では、その作業工程に合わせて特注で特殊重機を発注しているケースもあります。

代表的な特殊重機としては、狭い場所や足場が悪い場所で活躍するクレーン(通称カニクレーン)や、アスファルト舗装の場面で活躍するアスファルトフィニッシャーコンクリートカッターディストリビュータなどが挙げられ、コンクリート関連の工事は全国や海外で多くの作業現場があり中古の需要が常に高いです。

海外で需要が高い特殊重機

このように、大型で特殊なものやパワーを求められるものが特殊重機又はその他の重機として扱われ、需要と供給がマッチすることによって驚くほどの高額で取引されることも珍しくありません。

インターネットの普及で
特殊重機の再販価値が高くなった

特殊な重機は限られた使い方しかできません。
どれだけ高性能で高価な重機であっても、現場の用途にあったものでは使い物になりませんので、一昔前は特殊すぎると買い手が見つからず売却時は安く買い叩かれる事が多い傾向にありました。

しかし、近年はインターネットの普及によって、世界中から買い手を集められるようになったため、特定の用途でしか使えない重機でも海外輸出を中心にすぐに買い手が見つかるようになり、買取相場も飛躍的に上昇しました。
業者用オークションや自社で世界中に輸出できるノウハウを持っている業者に相談すれば、日本だけでなく世界を視野に入れた高額売却の可能性が広がります。

高額売却額を提示する中古重機のバイヤー

また、特殊重機は新車価格が高価で大型なものほどリセールバリューが高くなるという特徴が見られ、流通量が少ないものに関しては、価値が下がりにくく修理して再利用しようとする傾向が見られます。
特殊だからといった理由で、査定額を期待できないと考える行為は間違いで、ニッチなジャンルほど、多くの買取業者に相談することが求められます。
悪質業者では、流通量が少なく需要が少ないといった理由で安く買い叩こうとするケースもあるので注意しましょう。